女性ホルモンの働きによりバストアップが期待される

バストアップサプリの効果

錠剤

バストの原理

バストを形成する組織は脂肪組織と乳腺組織でできています。その二つの組織は大胸筋によって支えられています。大胸筋を鍛えることによって、バストの形とハリを整えることができます。そして、脂肪組織と乳腺組織は9対1の割合で脂肪組織が乳腺組織を守っている役目をしています。単に脂肪組織を増やせばバストアップできると簡単なものではありません。そのバストアップの原理とは何かを探していきましょう。

乳腺の発達に女性ホルモン

バストの脂肪組織は乳腺が発達することにより増えていくという性質を持っています。乳腺が発達することにより、その部分を保護するため脂肪組織が多く必要になるため、結果として胸が大きくなるという仕組みになります。この乳腺は女性ホルモンが分泌されることで発達することが分かっています。そのため、女性ホルモンが多く分泌されて、乳腺が発達することによって周りの脂肪組織が増えることがバストアップにつながるという事です。

女性ホルモンの分泌を促す

女性ホルモンの分泌を促す方法としては、生活習慣を整えてホルモンバランスを整える方法などがありますが、その一つにバストアップサプリメントを摂取することが効果的とされています。バストアップサプリには女性ホルモンの分泌を促す作用を持っているため、乳腺が発達しその周りの脂肪組織の育成に繋がります。安いバストアップサプリも販売されているので、効果的なバストアップサプリを試してみてはどうでしょうか。

広告募集中